ANA マイルを効率的にためるためには

出張の多い方でしたらフライトマイルが自然とたまるのでしょうが、わたし(ほとんどの人がそうでしょうが)の場合ほんとにたまにしかありません。ですのでそれ以外の方法でためなければなりません。

そこでマイルをためる方法をいろいろ調べてみました。そしてわかったことは航空会社と提携している『クレジットカード』を利用することです。ANA の場合は ANA カードをつくってクレジットで支払うことでした。これで航空業界とは関係のない買い物でもマイルをためることができるようになります。

クレジットカードで獲得できるマイル数は以下の計算式で求められます。
  • マイル獲得量 = カード支出額 × マイル還元率
計算式の右側の項目の意味は以下のとおりです。
  • カード支出額
    支払いをできるだけクレジットカード払いにすることで獲得できるマイルが増えます。
  • マイル還元率
    マイル還元率 はクレジットカードごとに決められているものです。例えば「クレジットカード利用 100 円 で 1 マイル獲得」というのがマイル還元率です。

まずためはじめる前に見通しをたててみました。ANA の無料航空券をもらうためには最低 15,000 マイル必要です。クレジットカード利用で 100 円 = 1 ANA マイルもらえるとすると年 150 万円の利用が必要なわけです。月にすると 12万5000円です。

過去のクレジットカード利用明細を調べると 12 万円も使ってはいません。ですがこれはクレジットカードを積極的に利用していなかった面もあります。例えば 30 万円の給料をもらっていて 10 万円醵金していて残りを使っている人は 20 万円を何かの購入、支払いで使っているわけです。この支払い分を可能な限りクレジット支払いに向けることができればクリアできるわけです。

実際見直してみると、クレジットカードを利用できる場合が多いことに気がつきます。公共料金、ケータイ代、定期代、タクシー代、新聞購読料、スーパーでの買い物、病院での支払い、最近では 税金などもクレジットカードで払える対象になりつつあります。

ということでクレジットカードの支払いをすれば特典航空券を得る程度はマイルを稼げるというめどがたちました。ただ、ANA カードは年会費がかかります。自分のカードの使い方をよく考えてカードを選ばないとかえって損をしてしまうことになりかねません。

そこで ANA カードについて調べてみました。ANA マイラーの基本カードとしては
の2つがあります

カードの選択には慎重に慎重を重ねなければなりません。何故かというと、世の中には「100円で1マイル」しか還元されないカードもあれば、「100円で2マイル」が還元されるカードもあるからです。両カードの1年後のマイル獲得量には 2倍の差 がつくことになります。

ANA カードのそれぞれの特徴は長くなるので別ページにまとめてみました。

人気blogランキングにほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ

情報収集に便利な、人気blogランキングにほんブログ村 マイレージの 2 つのランキングに参加中。クリックいただきランクアップにご協力お願いします


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 目次

    Excerpt: 全体の構成がわかりにくくなっているので今日は目次のページを作ってみました。 Weblog: ANA マイラー初心者の日記 racked: 2007-06-01 06:43
  • ポイントサイトでマイルをためる(2008/4/14版)

    Excerpt: ANA マイルをためるには、フライトでマイルをためる、クレジットカードでマイルをためるの2つに加えて、忘れてはいけないのはポイントサイトでマイルをためるということです。 Weblog: ANA マイラー初心者の日記 racked: 2008-04-14 00:18